FC2ブログ

とくとく知恵袋

便利なツール

懸賞・ポイント

美容/健康・お試し

得々ショッピング

グルメ・食品

旅行・航空券

求人・在宅ワーク

スポーツ・趣味/資格

植物油 早見表



PPW_ienookimono500-thumb-300 300植物油 早見表

植物油 早見表
 亜麻仁油・えごま油(オメガ3)コーン油、大豆油
(オメガ6)
オリーブ油・アボカド油(オメガ9)ココナッツ油
(中鎖脂肪酸)
ヘンプ(麻)油
(オメガ3,6)
熱に強い
×
×
悪玉コレステロール(LDL)を減らす
(特に影響なし)
免疫力の向上
×
×
脳のエネルギーになる
×
×
×
(血流を増やす)
(ケトン体)
エネルギーになる速度が速い
×
×
×
×
備考熱に弱いため、生で摂るオメガ3とのバランスが大切、摂り過ぎ注意熱に強く、加熱料理に適している25℃以下で凝固する固まりやすいオイルオメガ3とオメガ6脂肪酸を1:3の割合で含む

※気を付けよう!「トランス脂肪酸」



■オメガ3(αリノレン酸)

「代表的な植物油」亜麻仁油、エゴマ油

健康オイルの代表格オメガ3。
体内で合成できず食べ物から補わなければならない「必須脂肪酸」の一種です。
亜麻仁油やエゴマ油に含まれる「αリノレン酸」がオメガ3に当たります。
これらが身体に入るとDHA・EPAに代謝され、細胞の機能を高め、血液中の脂質濃度を下げる働きがあります。
コレステロール値の改善、動脈硬化の予防など、様々な健康作用が期待されています。



亜麻仁油(アマ/亜麻)

種子からは亜麻仁油(あまにゆ)が採れる
      
エゴマ(シソ科の一年草)

戻る   




■オメガ6(リノール酸)

「代表的な植物油」コーン油、ごま油、大豆油、ベニバナ油(サフラワーオイル)

同じく体内で合成できない必須脂肪酸です。
オメガ3と共に細胞膜を作り、身体の機能を調整する働きがあります。
オメガ6は一部体内において「γリノレン酸」に代謝され、抗炎症に働くホルモン様物質などを作りますが、
摂りすぎると逆に炎症や血栓が生じやすくなるため注意が必要です。
オメガ3とオメガ6はその摂取バランスが何より大切です。



コーン油
      
ごま油(ゴマの実 ゴマの花)




大豆油(大豆 大豆の花)
      
ベニバナ油(サフラワーオイル)

戻る   





■オメガ9(オレイン酸)

「代表的な植物油」オリーブ油、アボカド油

オメガ9の代表的なものが「オレイン酸」。
オリーブ油はこの含有率が高く、70~80%にあたります。
善玉コレステロールはそのまま保ち、悪玉コレステロールのみを下げる作用があり、肝臓や腸の働きを高め、便秘解消などにも効果的です。
     

ω-9脂肪酸(おめが-きゅう しぼうさん、ω−9 fatty acids、オメガ-ナイン、Omega-9)

戻る   





■中鎖脂肪酸(ラウリン酸)

「代表的な植物油」ココナッツ油

中鎖脂肪酸とはその構成する炭素の数が8~12程度のものを差し、代表的な脂肪酸には、ラウリン酸やカプリル酸、カプリン酸があります。
なかでも「ラウリン酸」は母乳にも含まれる成分で、免疫力を高め細胞を強くする働きがあるとして注目されています。
他の油に比べて消化吸収のスピードは約4倍、エネルギーになるスピードは約10倍と非常に早く燃焼され、脂肪として蓄積されにくいのが特徴です。
また、脳のエネルギーとなる「ケトン体」に分解される性質を持つため、アルツハイマー型認知症の予防や対策に役立ちます。


ヤシ油(ココナッツオイル)
ココナッツ

戻る   




■ヘンプ(麻)油(オメガ3,6)

ヘンプ・オイル (hemp oil) は、ヘンプ(麻)の種子からとれる油脂で、麻実油、大麻油とも。

「ヘンプシード(麻の実)とは」
ヘンプとは、中央アジア原産とされるアサ科アサ属で一年生の草本で、麻の果実です。
大豆に匹敵する高い栄養価を持つ実を食用として料理に使われます。
古来から日本でも麻を栽培し、茎などから繊維を、実は食用にあるいは油を取るなど利用してきました。
しかし、麻は大麻とも呼ばれる植物で、麻薬成分を含むものもあることから、その栽培には許可が必要となります。
現在では、法律で規制される麻薬と、その他の活用方法の混同を避ける意図からヘンプとも呼ばれています。

ペンプシードオイルは麻の実から抽出された油で色は薄い緑色で少しナッツの香りがします。 
万能オイルとして自然派の健康食品を好む方々の間ではよく知られています。

ヘンプシードオイルにはオメガ3とオメガ6が1:3の理想的なバランスで含まれています。
・アレルギーの改善
・脳の栄養
・血液サラサラ
・脂肪の分解
・美肌
・血糖値の低下
・癌の予防
・炎症に関する疾患の改善
・便通の促進
・腸内環境を良くし免疫力を向上させる
・酸化を防ぎアンチエイジング
などの効果があります。


「健康に良い「大麻」と薬物の「大麻」の違いは?」

麻、大麻、大麻草、ヘンプ、マリファナは、すべて植物学的に同じものを指しているが、それぞれの定義と一般的なイメージのギャップがあります。

[麻:あさ] 古来より大麻草のことを示している。多数ある麻製品の総称としても使われています。
[大麻:たいま] 法律用語で葉と花穂の規制している大麻草の植物部位のこと。
[大麻草:たいまそう] 植物全体のことを言っている。
[ヘンプ(Hemp):麻の英語名] 主に産業の分野でマリファナと区別するために使う単語。
[マリファナ] 花穂を乾燥させてタバコにして喫煙する嗜好品のこと、俗にマリファナ煙草ともいう。

ヘンプシードオイル(麻の実油)の5大効果とは
ヘンプ・オイル

戻る   



 
■気を付けよう!「トランス脂肪酸」

マーガリンやショートニング等に多く含まれ、水素を添加して常温で固形化した油脂を精製する過程で発生します。その不自然な構造はプラスチックと同じとも言われます。
代謝するのに時間がかかり、大量のビタミンミネラルを消耗して身体の負担になるうえ、活性酸素を作り出して老化を促進させたり、悪玉コレステロールを増加させて心臓病のリスクを高めると言われています。

「トランス脂肪酸を含む食品」
マーガリン、ショートニング、粉ミックス、インスタントラーメン、スナック菓子、コーヒーフレッシュ、ファストフードや、「加工油脂」「植物油脂」といった表記のあるものも含む可能性あり。

戻る   


ページTOPへ

関連記事

スポンサーリンク

   とくとく知恵袋

スポンサーリンク

今日は何の日

プロフィール

Author:tokutoku230
WEB上で企画・開催されている特集、セール、バーゲン、キャンペーン、イベント等々、お得な情報を紹介していきます。

とくとくショッピング

Google検索の便利な機能

Google検索の裏ワザ
■電卓機能
電卓
■外国の現在時刻
time+国名で検索
■天候を調べる
天気+地名で検索
■カロリーを調べる
カロリー+食品名で検索
■放映中の映画は?
映画+地名で検索
■ヤマトの配送状況を確認
ヤマト+伝票番号で検索
■ドルを円に換算
ドルを円で
■マイルをメートルに換算
マイルをメートルで
■ポンドをグラムに換算
ポンドをグラムで
■現在の株価は?
株価+企業名で検索
■乱数生成
rngまたは乱数で検索
■翻訳
Google翻訳

Google検索の裏ワザ・隠しコマンドいろいろ

インフォメーション

旅行・航空券・ホテルの予約

スポンサーリンク