FC2ブログ

とくとく知恵袋

便利なツール

懸賞・ポイント

美容/健康・お試し

得々ショッピング

グルメ・食品

旅行・航空券

求人・在宅ワーク

スポーツ・趣味/資格

今日は何の日 10月(神無月 かんなづき)

今日は何の日 10月(神無月 かんなづき)

(更新中)
神無月の語源は、神を祭る月であることから「神の月」とする説が有力とされ、神無月の「無」は、「水無月」の「無」と同様に、「の」にあたる連体助詞で、「神の月」ということになる。
10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったとする説があり、出雲国(現在の島根県)では「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれる。

陰暦10月の色々な呼び方
神無月(かんなづき)
建亥月(けんがいげつ)
孟冬(もうとう)
神去月(かみさりづき)
雷無月(かみなかりづき)
鏡祭月(きょうさいげつ)
神有月/神在月(かみありづき)
出雲地方の呼び名
御忌(おいみ)
出雲地方の呼び名
小春(こはる)
小春月(こはるづき)
時雨月(しぐれづき)
鎮祭月(ちんさいげつ)
初霜月(はつしもづき)
小六月(ころくがつ)
応章(おうしょう)
応鐘(おうしょう)
開冬(かいとう)
亥冬(がいとう)
吉月(きつげつ)

極陽(きょくよう)
玄英(げんえい)
坤月(こんげつ)
始冰(しひょう)
小陽春(しょうしょうしゅん)
上冬(じょうとう)
初冬(しょとう)
新冬(しんとう)
正陰月(せいいんづき)
早冬(そうとう)
大月(たいげつ)
大素(たいそ)
方冬(ほうとう)
陽月(ようげつ)
立冬(りっとう)
良月(りょうげつ)
・・・など
銀杏(ギンナン)がなるのは「メスの木」イチョウの木のオスとメスの見分け方は?

出雲大社神在祭
神迎神事・神迎祭=旧暦10月10日
神在祭=旧暦10月11、15、17日
縁結大祭=旧暦10月15、17日
神在祭夜神楽祈祷=旧暦10月11〜16日
神等去出祭=旧暦10月17日

祭神オオクニヌシの元に神々が参集して「神議」をするとされる、出雲大社。
出雲・松江両市内にある神社数カ所ではこの時季、神々を迎えて祭る「神在祭」が行われます。
この間、周辺の人々は神議の邪魔をしないよう歌舞音曲を慎んでひっそりと過ごすため、地元では神在祭を「御忌祭(おいみまつり)」とも呼んでいます。

出雲以外にも「神在月」が!


2019年10月      
日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
  12345
  法の日
福祉用具の日
浄化槽の日
印章の日
国際音楽の日
デザインの日
日本酒の日
コーヒーの日
豆腐の日登山の日都市景観の日
陶器の日
イワシの日
世界教師デー
達磨忌
6789101112
  木の日
骨と関節の日
足袋の日
塾の日
道具の日
マグロ(鮪)の日
目の愛護デー
釣りの日
缶詰の日
銭湯の日
ウインクの日石油機器点検の日
コロンブス・デー
13141516171819
サツマイモの日
引越しの日
鉄道の日人形の日世界食糧デー
ボスの日
貧困撲滅の国際デー
貯蓄の日
カラオケ文化の日
統計の日 
20212223242526
リサイクルの日
新聞広告の日
髪の日
あかりの日
国際反戦デー
 電信電話記念日国連デー民間航空記念日原子力の日
2728293031  
読書週間測器記念日 香りの記念日世界勤倹デー
ハロウィン
  

先月  翌月


  10月1日
■法の日
「法の日」制定の経緯について(最高検察庁 広報より)
昭和3年10月1日に陪審法が施行されたことによって,翌年から10月1日は「司法記念日」と定められました。その後,昭和34年10月に開催された裁判所,検察庁及び弁護士会の三者協議会において,次のような決議がなされ,「法の日」の制定が提唱されました。
「国民主権のもとに,自由と正義を守り,世界の平和を維持し,人類の福祉に貢献することはわれわれ日本国民のひとしく理想とし,念願とするところである。これがために,われわれは,法によって社会秩序を確立しなければならない。さらにまた,国際紛争もこの法の支配の原則によって解決されなければならない。よって,ここに,国を挙げて法を尊重し,右の理想と念願を高揚するため10月1日を『法の日』と定めることを提唱する。」
これを受けて,翌昭和35年6月,政府は,今後10月1日を「法の日」と定め,国を挙げて法の尊重,基本的人権の擁護,社会秩序の確立の精神を高めるための日としました。

■福祉用具の日
「福祉用具の日」を10月1日としたのは、平成5年の福祉用具法の施行日にちなんだためです。
この法律は、高齢者及び障害者の自立の促進、介護者の負担軽減を図るため、福祉用具の普及・開発の促進を目的としています。

■浄化槽の日
昭和60(1985)年10月1日、浄化槽に関する諸制度を整備した「浄化槽法」(昭和58年5月18日公布・法律第43号)が全面施行されました。
それを記念して、昭和62年に当時の厚生省、建設省及び環境庁の3省庁の主唱により、毎年10月1日を「浄化槽の日」とすることとなりました。

■デザインの日
通商産業省(現経済産業省)が制定。1959年10月1日、デザイン奨励審議会が設置されたことにちなむ。

■日本酒の日
日本酒造中央会が10月1日を「日本酒の日」と定めたのは昭和53年(1978年)のこと。
その理由として、10月から酒を造り始めるところが多く、昔から10月1日を酒造りの元旦として祝う風習があったことなどに由来しているそうです。

■コーヒーの日
国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月で、この日がコーヒーの年度始めとなります。
さらに、日本では、秋冬期にコーヒーの需要が高くなることから、1983年に、全日本コーヒー協会によって、10月1日が「コーヒーの日」と定められました。


  10月2日
■豆腐の日
日本豆腐協会が、もっと豆腐を食べてもらいたいという願いを込めて10月2日を1993(平成5)年に制定。
「とう(10)ふ(2)」の語呂合せから。
また、毎月12日も「豆腐の日」です。
こちらも「とう(10)ふ(2)」の語呂合わせから、同じ1993年に日本豆腐協会が制定。


  10月3日
■登山の日
日本アルパイン・ガイド協会が平成3年(1991年)に定め、日本記念日協会が平成7(1995年)に認定した記念日。
登山を通し自然の素晴らしさを知り、その恩恵に感謝する。
「10(と)3(ざん)」の語呂合わせから。
※2016年から国民の祝日に追加された「山の日(8月11日)」は国が制定。


  10月4日
■都市景観の日
1国土交通省では、平成2年より毎年10月4日を「都市景観の日」と制定し、都市景観に対する国民の関心を高めること等を目的に、中央行事を開催し、良好な景観を形成している地区を都市景観大賞として表彰するほか、シンポジウムの開催など、各種啓発活動を行っています。また、全国各地で様々な行事がこの日を中心に開催されています。

■陶器の日
奈良時代・平安時代に、はじめて日本で緑釉・二彩・三彩のうわぐすりをかけた陶器が焼かれました。
当時はこれを「陶瓷(とうし)」とよんでいた為、その語呂合わせから10月4日を「陶器の日」としました。
1万年前の縄文土器に始まり、紀元前後に焼かれた弥生土器、古墳時代の後に作られた土師器、その後5世紀から12世紀頃にかけて日本の陶磁器の源流である須恵器といわれる陶質の土器が焼かれていました。

■イワシの日
10月4日は「イワシの日」です。「1(イ)」「0(ワ)」「4(シ)」の語呂合わせから、一般社団法人いわし普及協会が平成元年(1989年)にイベントを開催したのが由来とされています。


  10月8日
■木の日
1977年(昭和52年)に林野庁と木材利用推進中央協議会等が業界の発展と木材の利用促進を図るため、「木」の字(十に八)にちなんで10月8日を「木の日」と定めた。

■骨と関節の日
骨と関節を中心とした体の運動器官が身体の健康維持にいかに大切かを、より多くの人に認識してもらうために公益社団法人日本整形外科学会が1994年に「運動器の10年・骨と関節の日」として制定。2018年に「運動器の健康・骨と関節の日」に改称。
日付は骨(ホネ)のホの字が十と八を組み合わせたように見えることと、体育の日(10月第2月曜日)に近いことから。

■足袋の日
日本足袋工業会が1988年に制定しました。七五三・お正月・成人の日、とい った和服を着て足袋を履く機会が多くなるシーズンを前に、末広がりで縁起 のいい8日ということで定めたものです。


  10月9日
■塾の日
『塾の日』は、1989(平成元)年、学習塾の質的向上を図り学習塾に対する正しい認識と信頼を獲得するための契機とするとともに、学習塾の健全な発展を願って制定されました。

■道具の日
「道具の日(どーぐの日)」は、昭和60年に東京合羽橋商店街振興組合が「かっぱ橋道具まつり」のイベントの一環として、道具の語呂合わせで10月9日を「どーぐの日」に制定。組合では、毎年「どーぐの日」に合羽橋商店街の裏手にある矢先稲荷神社において日頃使用している料理道具に感謝するために、道具供養祭を行っています。


  10月10日
■マグロ(鮪)の日
今から1300年ほど昔の奈良時代に、山部赤人(やまべのあかひと)という歌人がいました。
この山部赤人が、西暦726年(神亀3年)の10月10日に、奈良の大仏を建立したことで有名な聖武天皇(しょうむてんのう)のお共をして兵庫県の明石地方を訪れたときに、まぐろ漁で栄えているこの地方をたたえて読んだ歌が残っています。
この山部赤人の歌は、日本人とまぐろの深いかかわりをしのばせる、昔から有名な歌で、山部赤人がこの歌をよんだとされる日にちなんで、毎年10月10日は「まぐろの日」とされています。
※この歌の中で、まぐろは「しび(鮪)」と呼ばれています。

やすみしし 我が大君の 神ながら 高知らせる 印南野(いなみの)の 大海(おふみ)の原の 荒栲の 藤井の浦に 鮪(しび)釣ると 海人舟騒き 塩焼くと 人ぞさはにある 浦をよみ うべも釣りはす 浜をよみ うべも塩焼く あり通ひ 見さくもしるし 清き白浜

我が大君が現人神として宮を御造りになられた印南野の邑美の原の藤井の浦に鮪を釣ると言って、海人舟がたくさん行き交い、塩焼くと人々が溢れるほどである。浦がとても良いのであろう、道理で釣りが盛んな訳である。浜が良いのであろう、確かにこれなら塩もよく焼け穫れるであろう。行ったり来たり通いつめご覧になる訳だ、この清い白浜を。



■目の愛護デー
はじまりは1931年(昭和6年)、中央盲人福祉協会の提唱によって失明予防の運動としてこの日が「視力保存デー」と定められました。その後、1938年(昭和13年)に日本眼科医会の申し出によって、9月18日が「目の記念日」として改められます。
戦時中一時活動は中止されていましたが、1947年(昭和22年)中央盲人福祉協会が再び10月10日を「目の愛護デー」と定め、現在では厚生労働省が主催となって毎年目の健康に関わる活動が進められています。

■釣りの日
魚の異名「トト」にちなみ、10月10日は釣りの日です。
秋の穏やかな気候で快適に釣りが楽しめるだけではなく、釣果にも期待が持てるこのシーズン。
サバやアオリイカ、アジやカツオなどが旬で、青魚が群れで活発に泳ぎ回るため、釣り初心者の方の入門にも最適な季節です。

■缶詰の日
缶詰が日本で最初に生産されたのは、今から約140年前の1871年。
本格的に量産され始めたのは、その6年後の1877年で明治政府によって北海道に日本初の缶詰工場(石狩缶詰所)ができた。この年の10月10日、石狩川で獲れたサケを原料にサケ缶詰が初めて製造された。
この日を記念して、日本缶詰協会が10月10日を「缶詰の日」と制定した。当初、缶詰は「管詰」と綴られた。

■銭湯の日
1991年(平成3年)に東京都江東区の公衆浴場商業協同組合が実施し、その後全国に広まった。
1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開幕日にちなみ、スポーツで汗をかいたあとに入浴をすると健康増進につながることから。「10月10日」を数字だけつなぐと「1010」となり、これを「せんとう」と読む語呂合わせも。銭湯の利用促進が目的。


  10月13日
■サツマイモの日
「栗(九里)より(四里)うまい十三里(13=9+4)」とは「さつま芋」の美味しさを褒める言葉です。
十三里とはさつま芋の異名で、江戸から十三里離れた川越のさつま芋がたいそう美味しかったことから生まれた言葉です。
そこで、川越市のさつま芋愛好会が、さつま芋の収穫時期にあたる10月の中でも、十三里にちなんだ13日を記念日にしました。
十三里
「栗(九里)より(四里)うまい」のしゃれで、さつま芋のこと。

■引越しの日
全国引越専門協同組合連合会が定めたもので、明治元年のこの日、天皇が江戸城に入ったことにちなんでいます。


  10月14日
■鉄道の日
1872年(明治5年)の9月12日(新暦では10月14日)、日本で初の鉄道が、新橋~横浜間で開業したことを記念して、1922年(大正11年)に日本国有鉄道が鉄道記念日として制定。民営化後の平成6年(1994年)に鉄道の日と改名。


  10月20日
■リサイクルの日
日本リサイクルネットワーク会議が1990(平成2)年に制定。
「ひとまわり(10)、ふたまわり(20)」の語呂合せから。
この記念日が発展して、通商産業省(現在の経済産業省)ほか8省庁が10月を「リサイクル推進月間」(現在のリデュース・リユース・リサイクル推進月間)とした。

■頭髪の日
頭髪の日は、毛髪や頭皮に関する知識を普及させること」、「髪の健康に気を付けよう」といったことが目的で制定された記念日です。


  10月21日
■あかりの日
1879年10月21日エジソンによって開発された実用的な白熱電球が40時間点灯し実用的なものに至り、その偉業を称えて日本電気協会・日本電球工業会等が1981(昭和56)年に制定。
エジソンは日本・京都産の竹を使って白熱電球を完成させた。


  10月23日
■電信電話記念日
電信電話記念日(でんしんでんわきねんび)は、明治2年(1869)10月23日に、東京~横浜間の電信線架設工事を着手したことにちなむ毎年10月23日の記念日です。
昭和25年(1950)5月に当時の電気通信省が、電信電話記念日を制定しました。


  10月25日
■民間航空記念日
1951(昭和26)年のこの日、戦後最初の国内民間航空会社として設立された日本航空が、一番機の「ど星号」で東京~大阪~福岡間の運航を開始した。

日本航空では、5機の マーチン2-0-2 を運航し、それぞれの機体に名称を付けました。
「きん星」  (機体記号:N93041)
「もく星」  (機体記号:N93043)
「すい星」 (機体記号:N93049)
「ど星」   (機体記号N93060)
「か星」   (機体記号N93061)
そのうち1番機として1951年10月25日に東京~大阪間の定期航空路線に就航したのが 「ど星号」です。

航路の確認や点検飛行、宣伝体験搭乗を「もく星」号などで行い、「ど星」号は1番機として1951年10月25日に東京~大阪間の定期航空路線に就航した。
しかし1952年4月9日には「もく星」号がもく星号墜落事故で失われた。
そのためか、1953年の日本航空株式会社(特殊会社)設立に伴う自主運航開始とともに全てノースウエスト航空に返却され、日本の空から姿を消した。


  10月30日
■香りの記念日
石川県七尾市が制定。
1992年(平成4)10月30日に国民文化祭「世界の香りフェアIN能登」が開催されたことにちなむ。



ページTOPへ戻る

スポンサーリンク

関連記事

   とくとく知恵袋

スポンサーリンク

今日は何の日

プロフィール

Author:tokutoku230
WEB上で企画・開催されている特集、セール、バーゲン、キャンペーン、イベント等々、お得な情報を紹介していきます。

とくとくショッピング

 

Google検索の便利な機能

Google検索の裏ワザ
■電卓機能
電卓
■外国の現在時刻
time+国名で検索
■天候を調べる
天気+地名で検索
■カロリーを調べる
カロリー+食品名で検索
■放映中の映画は?
映画+地名で検索
■ヤマトの配送状況を確認
ヤマト+伝票番号で検索
■ドルを円に換算
ドルを円で
■マイルをメートルに換算
マイルをメートルで
■ポンドをグラムに換算
ポンドをグラムで
■現在の株価は?
株価+企業名で検索
■乱数生成
rngまたは乱数で検索
■翻訳
Google翻訳

Google検索の裏ワザ・隠しコマンドいろいろ

インフォメーション

旅行・航空券・ホテルの予約

スポンサーリンク