FC2ブログ

とくとく知恵袋

便利なツール

懸賞・ポイント

美容/健康・お試し

得々ショッピング

グルメ・食品

旅行・航空券

求人・在宅ワーク

スポーツ・趣味/資格

自転車の道路交通法(交通ルール)


道路交通法の基本

道路交通法と自転車に関する基本的事項について
  • 道路交通法の目的は「安全」と「円滑」
    道路交通法は、交通の「安全」及び「円滑」を図ることを目的とした法律である。

  • 自転車には車両の規定が適用される
    自転車は、道路交通法上は「車両」に分類されるため、道路交通法における車両に関する規定が適用される。

  • 自転車を押して歩けば歩行者
    自転車から降り、自転車を押して歩いている場合には、道路交通法では歩行者として扱われる。


歩道の通り方

  • 歩道を通行できる条件
    歩道が設けられている道路においては、基本的に車道を通行しなければならないが、法で定められた条件を満たしている場合に限り、歩道を通行することもできる。

  • 歩道の通行位置
    歩道を通行できる条件を満たしている場合には、一方通行規制がされている場合を除き、道路のどちら側に設けられたものであっても、通行することができる。
    歩道の中では、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければならない。

  • 交差点周辺における歩道の通行方法
    歩道を通行していると、交差点周辺において車道を横断する必要が生じることが多い。
    このときは、車道の横断(全横断)の方法に従って横断を行う。

  • 歩道における歩行者保護
    歩道を通行する際は、歩道の通行位置を遵守するとともに、歩行者の有無に関わらず常に徐行をしなければならない。
    また、歩行者の妨害となる場合には、一時停止しなければならない。

  • 普通自転車通行指定部分がある場合
    普通自転車通行指定部分が設けられた歩道を通行する場合には、普通自転車通行指定部分の中を通らなければならない。
    普通自転車通行指定部分は、自転車専用の通路ではないため、歩行者も通行することができ、また自転車は、普通自転車通行指定部分内を通る歩行者の妨害をしてはならない。
    なお、歩行者がいない場合には、通常の歩道とは異なり徐行しなくとも良いが、この場合でも安全な速度と方法で通行しなければならない。


歩道を通行できる条件

歩道が設けられている道路においては、基本的に車道を通行しなければならないが、法で定められた条件を満たしている場合に限り、歩道を通行することもできる。

■歩道を通行できる条件について
自転車は車両であるため、歩道が設けられた道路においては、基本的に車道を通らなければならない。
ただし、次のいずれかに該当する場合には、歩道を通行することもできる。
  • 「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
  • 運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
  • 安全のためやむを得ない場合

「自転車通行可」の道路標識等がある歩道を通るとき

次のいずれかの道路標識等がある歩道は、自転車で通行することができる。
  • 自転車通行可の道路標識


  • 普通自転車通行指定部分の道路標示(白色実線と自転車マークによる標示、なお路面色は規制に関係ない)


運転者が13歳未満若しくは70歳以上、又は身体に障害を負っている場合

運転者が次のいずれかである場合には、上記の道路標識等がない歩道であっても、自転車で通行することができる。
  • 13歳未満である場合
  • 70歳以上である場合
  • 身体障害者福祉法別表に掲げられる障害を有している場合(18歳未満を含む。)

安全のためやむを得ない場合

安全のためやむを得ない場合の例
上記のいずれにも該当しない場合であっても、車道または交通の状況に照らして、安全を確保するため歩道を通行することがやむを得ないと場合には、歩道を自転車で通行することができる。
やむを得ない場合としては、次のようなケースが考えられる。
  • 路上駐車車両が多く、かつ右側に避けるのが困難な場合。
  • 自動車の交通量が著しく多く、かつ車道が狭い場合。
  • 煽り運転、幅寄せなどの危険運転や、理由もなくクラクションを鳴らすなど、自動車を用いた暴行行為を行う者がいる場合。

「やむを得ない」は客観的に認められる必要がある

歩道を通行することができる条件の一つである「安全のためやむを得ない場合」については、自転車利用者が主観的にそう感じるだけではなく、客観的にもやむを得ないと認められる状況である必要がある。
例えば、車道通行に不慣れな人には、少しでも自動車が通行していれば車道は安全ではないと感じられるかもしれないが、それだけでは歩道通行が安全のためにやむを得ないと客観的にも認められることとはならず、経験不足のみを理由に歩道を通行することは許されない。

■歩道通行可の例外
自転車は、上記の歩道を通行できる条件に該当する場合であっても、警察官から車道を通るように指示された場合には、車道を通行しなければならない。

■どうしても歩道を通りたい場合...
自転車は、自転車を押して歩けば、歩行者として歩道を通行することができるようになる。
そのため、歩道を通行できる条件に該当しない場合や、警察官から車道を通行するよう指示を受けた場合に、どうしても歩道を通行したければ、自転車から降りて、自転車を押して歩けば良い。

罰則

通行区分違反
  • 歩道を通行できる条件を満たしていないのに歩道を通行した場合
  • 警察官から歩道を通行してはならない旨の指示を受けたにも関わらず歩道を通行した場合
>>3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし) 

歩道の通行位置

歩道を通行できる条件を満たしている場合には、一方通行規制がされている場合を除き、道路のどちら側に設けられたものであっても、通行することができる。
歩道の中では、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければならない。

歩道の設置位置と通行の可否


歩道は、車道とは独立した通路として扱われる。
そのため、基本的に道路のどちら側に設けられた歩道でも通ることができる。



基本的に左右どちらの歩道も通行できる

ただし、歩道に自転車一方通行の道路標識がある場合には、一方通行規制に従わねばならず、反対方向に進行してはならない。
通常は、道路左側の歩道を通るように一方通行規制がなされるため、この場合には、道路右側の歩道を通行してはならないこととなる。


自転車一方通行の道路標識
または



一方通行規制に従う


歩道内における通行位置:車道寄り通行

自転車は、歩道内においては、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければならない。
これには例外規定がないため、いかなる場合であっても、歩道の中央から外側を通ってはならない。


車道寄りを通行
例えば、歩道の車道寄り部分に歩行者がいるため、上記の通行位置を通れない場合には、一時停止をするか、自転車から降りなければならないこととなる。



中央から外側に出てはならない
(一時停止をするか、自転車から降りる)
なお、歩道の中央から車道寄りの部分に、自転車の車体(運転者や積載物を含む)の全部が入らないと、この規定に違反し、歩行者妨害等に該当することになる。
そのため、歩道の幅が車体の最大幅の2倍に満たないような狭い歩道については、通行すれば必ず歩行者妨害等となるため、自転車通行可の道路標識があったとしても通行してはならないこととなる。


法定外表示との関係

歩道に、自転車ナビマークなどの、普通自転車通行指定部分を模した法定外表示が設けられていることがある。
しかし法定外表示には交通規制の効力がないため、自転車は、法定外表示が設けられている位置等に関わらず、歩道内においては歩道の中央から車道寄りを通らなければならない。

交差点周辺における歩道の通行方法


歩道を通行していると、交差点周辺において車道を横断する必要が生じることが多い。
このときは、車道の横断(全横断)の方法に従って横断を行う。

交差点周辺の歩道通行と道路の横断について


歩道は、交差点周辺において、交差する道路の車道に遮られるため、交差道路を越えて直進しようとすれば、交差道路の車道を横断しなければならないこととなる。
この横断行為は、通常の車道の横断と何ら変わらないため、基本的に、車道の横断(全横断)の方法に従って横断を行えば良いこととなる。


「横断」の要領で進む(交差点通過ではない)


交差点周辺歩道の通行禁止に注意


交差点周辺の歩道では、自転車の通行が禁止されていることが多い。

歩道の「自転車通行可」の道路標識に「ここまで」などの区間の終点を表す補助標識が併設されている場合には、自転車に乗ったまま歩道を通行すれば通行区分違反に問われることとなる。
この場合には、自転車から降りるか、車道に入るかしなければならない。


自転車通行可「ここまで」の道路標識(補助標識)



「ここまで」から先に進んではならない
(自転車から降りるか、車道に入る)


歩道における歩行者保護


歩道を通行する際は、歩道の通行位置を遵守するとともに、歩行者の有無に関わらず常に徐行をしなければならない。
また、歩行者の妨害となる場合には、一時停止しなければならない。

車道寄り通行の遵守

歩道を通行する際は、歩行者のためのスペースを確実に確保するために、歩道の通行位置を遵守し、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければならない。

徐行義務

歩道を通行する際は、歩行者に危害を加えることを確実に防ぐために、歩行者の有無に関わらず常に徐行をしなければならない。
なお、歩道における徐行スピードの目安は、4〜5km/h程度、せいぜい8km/h以下とされている。

歩行者保護のための一時停止義務

歩道は、あくまで歩行者の通行のための通路なので、歩道において自転車は、歩行者の妨害となるような通行の一切が禁止されている。
また自転車は、歩道において歩行者の通行妨害となる場合には、一時停止をしなければならない。

罰則

歩道の歩行者妨害等
  • 歩道を徐行を越える速度で通行した場合
>> 2万円以下の罰金又は科料
 

普通自転車通行指定部分がある場合

普通自転車通行指定部分が設けられた歩道を通行する場合には、普通自転車通行指定部分の中を通らなければならない。
普通自転車通行指定部分は、自転車専用の通路ではないため、歩行者も通行することができ、また自転車は、普通自転車通行指定部分内を通る歩行者の妨害をしてはならない。
なお、歩行者がいない場合には、通常の歩道とは異なり徐行しなくとも良いが、この場合でも安全な速度と方法で通行しなければならない。

普通自転車通行指定部分内の通行について

普通自転車通行指定部分が設けられた歩道を通る場合は、普通自転車通行指定部分の中を通らなければならない。


普通自転車通行指定部分の道路標示


普通自転車通行指定部分の例



通行指定部分内を通行
これには例外規定がないため、いかなる場合であっても、普通自転車通行指定部分の外側を通ってはならない。
例えば、普通自転車通行指定部分内に歩行者がいるため、その中を通れない場合には、一時停止をするか、自転車から降りなければならないこととなる。



通行指定部分から外側に出てはならない
(一時停止をするか、自転車から降りる)

歩行者の保護について


普通自転車通行指定部分は、あくまで歩道の中であり、また自転車は、普通自転車通行指定部分を通っている場合であっても、通常の歩道と同様の歩行者保護義務を負う。
そのため自転車は、歩道を通行する際は、普通自転車通行指定部分を通っている場合であっても、歩行者の妨害となるような通行の一切が禁止され、歩行者の通行妨害となる場合には、一時停止をしなければならない。
なお普通自転車通行指定部分は、自転車専用の通路ではないため、歩行者も普通自転車通行指定部分の中を通ることができる。
自転車は、普通自転車通行指定部分内を歩いている歩行者についても、その妨害をしてはならない。

徐行義務の免除について


自転車は、通常の歩道を通行する際は、歩行者の有無に関わらず徐行をしなければならない。
しかし、普通自転車通行指定部分を通っているときに関しては、普通自転車通行指定部分を通行している歩行者や、通行しようとしている歩行者がいない場合に限り、徐行をしなくても良いこととされている。
ただしこの場合であっても、状況に応じた安全な速度・方法で通らなければならない。

法定外表示は普通自転車通行指定部分ではない


自転車ナビマーク等の、上記以外の表示は、法令で定められていないもの(法定外表示)であるため、普通自転車通行指定部分としての効力を有せず、そこは単なる歩道と何ら変わりない。
そのため、自転車ナビマーク等が表示されている場合には、その表示位置に関わらず、歩道の中央から車道よりの部分を徐行しなければならない。



法定外表示の例
これらはいずれも単なる歩道であるため徐行しなければならない。


罰則


歩道の歩行者妨害等

  • 普通自転車通行指定部分の外側を通行した場合

  • 普通自転車通行指定部分を通行する歩行者を妨害した場合

  • 普通自転車通行指定部分を通行し、または通行しようとしている歩行者がいるにも関わらず、徐行をしなかった場合

  • 安全を妨げるような速度・方法で通行した場合


>> 2万円以下の罰金又は科料
 
 
関連記事

スポンサーリンク

   とくとく知恵袋

スポンサーリンク

今日は何の日

今日は何の日 9月(中秋の名月は9月13日) 今日は何の日 9月(長月 ながつき)

プロフィール

Author:tokutoku230
WEB上で企画・開催されている特集、セール、バーゲン、キャンペーン、イベント等々、お得な情報を紹介していきます。

とくとくショッピング

 

Google検索の便利な機能

Google検索の裏ワザ
■電卓機能
電卓
■外国の現在時刻
time+国名で検索
■天候を調べる
天気+地名で検索
■カロリーを調べる
カロリー+食品名で検索
■放映中の映画は?
映画+地名で検索
■ヤマトの配送状況を確認
ヤマト+伝票番号で検索
■ドルを円に換算
ドルを円で
■マイルをメートルに換算
マイルをメートルで
■ポンドをグラムに換算
ポンドをグラムで
■現在の株価は?
株価+企業名で検索
■乱数生成
rngまたは乱数で検索
■翻訳
Google翻訳

Google検索の裏ワザ・隠しコマンドいろいろ

インフォメーション

旅行・航空券・ホテルの予約

スポンサーリンク